弁護士への交通事故の相談

示談交渉から訴訟までOK!弁護士はオールマイティな法律家

交通事故の賠償金に関しては通常、示談交渉で進めていきますが、当事者間での溝が埋まらない場合は最終的に訴訟となります。

そういった事も見据えて示談交渉から裁判までを一貫して相談、依頼したい場合は司法書士さんや行政書士さんではなく、
弁護士さんに依頼すべきでしょう。(厳密に言えば、司法書士さんも示談交渉や訴訟手続きができるのですが、一定の制限があるのです)

又、規模が大きい事故や法的に判断が難しく、そもそもの交渉が難航している場合には弁護士さんへ相談するのがベターであると
考えます。



どうやって弁護士を探すか?

最もオーソドックスなやり方は各都道府県に設置されている弁護士会に相談する事ですが(弁護士会で交通事故自体の相談を常に受け付けている訳ではありません。この場合は日弁連の交通事故相談センターに相談するのが良いでしょう)

そこで紹介された弁護士さん以外の弁護士を探したい場合は、やはりネット検索でしょう。

例えば、

  • 弁護士 交通事故 相談
  • 地名 弁護士 慰謝料
  • 地名 法律事務所 交通事故 相談
  • 弁護士 交通事故 相談

など「弁護士」「交通事故」の主要のキーを含めて地名等の複数のキーワードで検索すると最適な結果を得る事ができるでしょう。















弁護士に相談する場合のメリット・デメリット

交通事故の示談の際、保険会社の顧問として弁護士がいますが、弁護士会に弁護士の紹介を頼んだ時、その顧問弁護士を紹介されてしまうこともあるようです。
さすがにそれはまずいので、そういう場合はネット検索等で探す必要があります。

又、弁護士と言っても全員が交通事故に関する法律に精通している訳ではない為、着手金や依頼料金を払ったのはいいものの、示談交渉が上手く進まなかったという
話も実際にありますので注意が必要です。

尚、全ての弁護士・法律事務所に当てはまる訳ではありませんが、よく聞く話として、弁護士報酬の計算方法等で依頼者と食い違いが生じ
トラブルになる事も珍しくないそうですので、依頼する際には、なあなあではなく、事前にきちんと報酬の説明を聞いておきましょう。