後遺障害の経験者

後遺障害を認めさせた経験者、後遺障害の認定と方法

交通事故の事例の中で、ムチ打ちをはじめとする後遺障害を認めてもらえない場合の不服申し立ての方法(概要)を紹介します。

後遺障害の認定とは?

後遺障害は、被害者自身が自己の体の症状別に勝手に決められるのではなく、損害保険料率算出機構という調査事務所に認定申請をして、その調査事務所が後遺障害が実際にあるかどうか、及びその等級の査定をして、認定するか否かで決定されるものです。

その為、自分が本当にムチ打ち等で苦しんでいても、申請どおりの後遺障害の等級が認定されない事も多くあります。



後遺症の認定に不服がある場合

損害保険料率算出機構は実際の所、損保会社で構成されている為に被害者に対する対応が非常に悪い事で有名です。

損害保険料率算出機構というと公的な機関の様な気がしますが、実際は既述の通り損害保険会社各社によって作った機関(天下りのような
機関と考えれば分かりやすいでしょうか?)でして、あくまでも私的な民間団体です。

ですので、調査事務所の等級認定は実は法的な拘束力が無い為、認定された等級に不服がある場合は、その認定に対する異議申立をする事ができます。



後遺障害の認定に対する異議申立

ただし、あくまでも民間団体の認定とはいえ、実際には一度決定された等級の認定を覆すのは難しい場合が多いです。

方法としては訴訟を視野に入れて認定に対する異議申立を検討する必要があります。具体的には

  • 医学的な証明となるMRR画像やレントゲン写真の添付
  • 医師診断書の添付(それぞれ、必要であれば再度検査を受ける)
  • 意見書(異議申立書)を作成する

などの書類をそろえて提出します。

後遺障害の認定申請については、その手続きを専門に行なっている法律専門家もいますので、手続きの相談をする事も検討する必要があります。

異議申立に詳しい法律専門家を見つけ、相談する方法

既述の通り、いくら法的に拘束力の無い認定とは言え、一度決定された認定を覆すのは非常に難しいと言わざるを得ません。

その為、異議申し立てをする場合は、法的な観点、医学的な観点から考えても、素人判断で行なわずに法律専門家の力を借りる必要性が高いといえます。

専門家の中には異議申し立て等の手続きを専門的に行なっている法律家おり、そうした法律家は医学的な知識や人脈にも長けている為、
認定に対する法的な判断や手続きもスムーズに進める事ができます。

尚、そういった専門家を探すには

  • 交通事故 後遺症 相談
  • 交通事故 後遺症 依頼
  • 後遺障害 認定
  • 後遺障害 依頼

といった細かなキーで検索してみると最適な専門家を検索し、見つける事ができます。